1歳代の外遊びの場所と内容を教えてください。

よく連れていく場所:公園、海

外遊びの内容:歩けるようになったところなので、自由に歩かせています。

小さいすべり台をすべらせたりもしています。

運動能力を上げるコツや外遊びで気をつけていること

外遊びで気を付けていることは、まず第一にケガのないことです。

お散歩をしているときは車や自転車がこないかよく見ていますし、公園内では、周りを見ずに走り回ったりすることがあるので、他のお子さんにぶつからないように気を付けています。

1歳なので、まだ公園の遊具で本格的に遊ぶことはできませんが、一緒に遊具に乗ってみたり、触ってみたり、良い刺激を与えられたらと思っています。

海が近いので、よく海までお散歩にいくのですが、裸足で砂浜を歩いたり、波打ち際で遊んだり、貝殻を拾ったりしています。

自然と触れ合うのもまた、良い刺激になるようで、子どもがとてもいい反応をしてくれます。

親も子どもの目線になって、一緒に楽しみながら自然の中でなにかを発見したり、新しい遊びを探したりすることで、子どもとの関係性もより密になっていっていると感じています。

また、休日に父親と3人で公園で遊ぶことも、子どもにとってはとても楽しいようで、母親ではできないアクロバティックな動きをして喜んでいます。

普段、お家の中ではできない遊びをすることこそ、外遊びの醍醐味だと思っているので、公園をはしごしたり、親子3人仲良く外遊びを楽しんでいます。

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

幼児期の早期教育のメリット・デメリットよくいわれますが、実は6歳までの幼児教育で学力差がでることが研究によりわかっています。

ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究によれば、40年追跡調査した結果、6歳までの幼児教育の有無で学力・進路・年収に大きな差がでるとわかっています。




子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより口コミで良いと評判の高い幼児教室です。

右脳教育プラス運動能力も高め、親へのコーチング(子供への接し方)を毎回教えてくれます。

WEBからだと無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



知識を教える早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBから申し込むと通常レッスンを無料で体験できます。



3:月刊ポピー



通信教育なら、無駄な付録が一切なく、月980円と圧倒的に安い月刊ポピーがおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容なので、先取りもできます。